マツダの期間工の給料

マツダの期間工の待遇は、時期によって異なります。
2016年のマツダ期間工の募集要項によると、月収例は24万円、入社祝金15万円、6ヵ月働いた時の慰労金12万円、皆勤手当て2万円、特別手当3万円、食事手当1万5千円となっています。



さらに、残業代、休日出勤、夜勤手当については、通常は25%であることが多いですが、それよりも高い割増手当て(30%〜50%程度)がついています。

産経ニュースの分かりやすい情報はこちらのサイトです。

そのため、残業や休日出勤をした場合や、夜勤をした場合の給料は、かなり高めになります。
契約期間は6ケ月ですが、能力が認められた人は、契約が更新されて、7ヶ月目からは給料もアップします。


1年以上働いている人には、正社員登用制度もあり、大手自動車メーカーの正社員になれるチャンスがあります。
大手企業なので、当然ですが、正社員になるためにはよほどがんばっていないとなりませんが、正社員になれる可能性があるということは、モチベーションにつながるでしょう。



しかし、面接のときの志望動機で「正社員になれるから」などと言うのはやめておきましょう。


あくまで契約社員の仕事であり、能力が認められたときに正社員になれる可能性があるということにすぎないからです。


実際に正社員になれるのは、ほんの一握りの人です。
マツダの期間工の給料は、他の大手自動車メーカーの期間工と比べると、平均的か、やや低めという印象です。しかし、手当てはかなり充実しており、未経験で1年目の人が得られる給料としては、十分な金額であると言えます。